特許出願中
P.S.M.Sパターはトーナメントプロやトップアマチュアが、世界で戦うためにパッティングの基本を、
理論と技術(技術は言葉ではなく体感できることが大切です)両面から研究、開発したものです。
ゴルフダイジェスト・オンライン
日本のゴルフ界は長年にわたって飛距離を求めてきました。
その結果世界と戦えるようになったでしょうか。
飛距離は
「身体能力が違うからムリ」と成績の上がらない原因を飛距離にしてきました。


サッカーのワールドカップに於ける「高さがないから勝てない」と同じはでないでしょうか、
WBCでは日本はベースボールではなく野球をして世界チャンピオンになりました。
サッカーはオシム監督になって、世界と戦うには「日本化」を挙げています、
ゴルフは道具(クラブ・ボール)を使いますからサッカーのように体と体がぶつかり合うことは
ありませんから有利に戦えるはずです。ではゴルフに於ける日本人の特徴を生かしたプレイは、
どんなゲームなのでしょうか、確かに飛距離は大切な要素であることは間違いありません。
しかし日本人が最も優位に戦えるのは、グリーンやグリーン廻りであるはずです。

残念ながらこの部分は飛距離以上に大きく遅れをとっているのが現実です。

得意としなければならないグリーン上、グリーン廻りで勝てないのですから
世界のレベルは遠くなるばかりです。

「パットに型なし」では差は広がるばかりです。

週間ゴルフダイジェストでも紹介された優れたトレーニングパターです。

HOME | 製品紹介 | 購入方法 | Dr諏合
特定商取引法に基づく表記  個人情報保護について 
Copyright(C) 2006 T&G Ltd. All rights reserved.